Blog

【初心者向け】11月に植えるおすすめ野菜を紹介!

【初心者向け】11月に植えるおすすめ野菜を紹介!

 気温がぐっと下がる11月。紅葉も色づき始める季節ですね。 植え付けできる野菜の種類は減りますが、大丈夫!冬でも育てられる野菜はあります。 12月に向けて本格的な寒さが訪れる前に、どんどん植え付けしていきましょう。 目次 家庭菜園の11月とは 11月に植える野菜5選 まとめ    家庭菜園の11月とは 11月の家庭菜園では、厳寒期の準備が始まります。保温トンネルなどを購入して、本格的な寒さに備えておきましょう。 また、9月に植え付けした野菜の収穫時期でもあります。 特に、大根・レタス・里芋・さつまいもは早めに収穫することをおすすめします。 大根は収穫が遅れて冬越ししてしまうと、スが入り水分がない大根となってしまいます。 里芋・さつまいもは霜が降りると腐ってしまう可能性があるので、気温が下がり切る前には収穫を終えましょう。    11月に植える野菜5選 1.チンゲン菜 チンゲン菜は暑さと寒さ、両方に強く1年中栽培可能な野菜です。 暑さにも強いですが、夏は病害虫に影響もあるため、気温の下がった11月の種まきがおすすめです。 畑に直接種をまいても良いですし、ポットで育苗してからの植え付けも可能です。 全部で3回ほど間引きをし、チンゲン菜の美味しい部分でもある葉のつけ根の部分(尻)をしっかりと太らせることがポイントです。 収穫が遅れると筋張ってしまうため、若くて柔らかいうちに収穫をしましょう。   2.ほうれん草 初心者の方でも簡単に育てることができる、ほうれん草。 真夏を除けば、比較的どの季節でも育てることが可能ですが、ほうれん草は寒さにあたると甘みが増すため冬の栽培がとてもおすすめ。 ほうれん草は、間引きした葉もサラダなどで美味しく食べることができます。 冬の栽培では、冷害や黄化を防ぐためにも不織布などで保温しましょう。保温することで葉も柔らかくなりますよ。   3.スナップエンドウ...

【初心者向け】11月に植えるおすすめ野菜を紹介!

 気温がぐっと下がる11月。紅葉も色づき始める季節ですね。 植え付けできる野菜の種類は減りますが、大丈夫!冬でも育てられる野菜はあります。 12月に向けて本格的な寒さが訪れる前に、どんどん植え付けしていきましょう。 目次 家庭菜園の11月とは 11月に植える野菜5選 まとめ    家庭菜園の11月とは 11月の家庭菜園では、厳寒期の準備が始まります。保温トンネルなどを購入して、本格的な寒さに備えておきましょう。 また、9月に植え付けした野菜の収穫時期でもあります。 特に、大根・レタス・里芋・さつまいもは早めに収穫することをおすすめします。 大根は収穫が遅れて冬越ししてしまうと、スが入り水分がない大根となってしまいます。 里芋・さつまいもは霜が降りると腐ってしまう可能性があるので、気温が下がり切る前には収穫を終えましょう。    11月に植える野菜5選 1.チンゲン菜 チンゲン菜は暑さと寒さ、両方に強く1年中栽培可能な野菜です。 暑さにも強いですが、夏は病害虫に影響もあるため、気温の下がった11月の種まきがおすすめです。 畑に直接種をまいても良いですし、ポットで育苗してからの植え付けも可能です。 全部で3回ほど間引きをし、チンゲン菜の美味しい部分でもある葉のつけ根の部分(尻)をしっかりと太らせることがポイントです。 収穫が遅れると筋張ってしまうため、若くて柔らかいうちに収穫をしましょう。   2.ほうれん草 初心者の方でも簡単に育てることができる、ほうれん草。 真夏を除けば、比較的どの季節でも育てることが可能ですが、ほうれん草は寒さにあたると甘みが増すため冬の栽培がとてもおすすめ。 ほうれん草は、間引きした葉もサラダなどで美味しく食べることができます。 冬の栽培では、冷害や黄化を防ぐためにも不織布などで保温しましょう。保温することで葉も柔らかくなりますよ。   3.スナップエンドウ...

【スタッフの日常】エコ・ファーム鳥取の畑チャレンジ【野菜栽培記録】

【スタッフの日常】エコ・ファーム鳥取の畑チャレンジ【野菜栽培記録】

こんにちは! 堆肥を取り扱う「エコ・ファーム鳥取」では、実際にスタッフが畑で野菜栽培を行っています。 今回は、野菜栽培初心者のスタッフによる、畑チャレンジの様子をお伝えしたいと思います。 実際にエコ・ファーム鳥取の堆肥でどんな野菜を育てているのか、使っている使用感など、畑初心者のリアルな感想をお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。 目次 栽培している野菜 まとめ     栽培している野菜 では、エコ・ファーム鳥取の畑初心者スタッフが、愛情たっぷりに栽培している野菜をご紹介します!   ・白菜 苗ポットで発芽した様子です。1つのポットに4つほどの種をまきます。苗ポットの土もエコ・ファーム鳥取の堆肥を活用しています。 ぐんぐんと育ちました!本葉が4枚となった時期に畑へ植え付けます。 植え付けたばかりのときは、なんだかほうれん草のようでしたが、しっかりと根づいています。 大きく葉が広がってくれました。少し白菜に近づきましたね!ここから徐々に結球し始め、立派な白菜を収穫できる日が楽しみです。   ・大根   大根はポットではなく、畑に直接種まきをしました。株間30cmで1ヶ所に4〜5粒を点まきします。 もうこの時点で大根の葉が美味しそう!大根は土の中で育つため、収穫するまでどのくらいの大きさで、どのような形になっているか分かりません。上手に育っているか心配でもあり、楽しみでもあります。    ・人参   人参も直接畑に種まきをします。人参は一本線を描くようにすじまきをするのがオススメですよ。  綺麗に並んで発芽してくれました!  人参は葉もとても美味しい食材のため、この調子で葉もふさふさに育ってくれると嬉しいです。   ・里芋...

【スタッフの日常】エコ・ファーム鳥取の畑チャレンジ【野菜栽培記録】

こんにちは! 堆肥を取り扱う「エコ・ファーム鳥取」では、実際にスタッフが畑で野菜栽培を行っています。 今回は、野菜栽培初心者のスタッフによる、畑チャレンジの様子をお伝えしたいと思います。 実際にエコ・ファーム鳥取の堆肥でどんな野菜を育てているのか、使っている使用感など、畑初心者のリアルな感想をお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。 目次 栽培している野菜 まとめ     栽培している野菜 では、エコ・ファーム鳥取の畑初心者スタッフが、愛情たっぷりに栽培している野菜をご紹介します!   ・白菜 苗ポットで発芽した様子です。1つのポットに4つほどの種をまきます。苗ポットの土もエコ・ファーム鳥取の堆肥を活用しています。 ぐんぐんと育ちました!本葉が4枚となった時期に畑へ植え付けます。 植え付けたばかりのときは、なんだかほうれん草のようでしたが、しっかりと根づいています。 大きく葉が広がってくれました。少し白菜に近づきましたね!ここから徐々に結球し始め、立派な白菜を収穫できる日が楽しみです。   ・大根   大根はポットではなく、畑に直接種まきをしました。株間30cmで1ヶ所に4〜5粒を点まきします。 もうこの時点で大根の葉が美味しそう!大根は土の中で育つため、収穫するまでどのくらいの大きさで、どのような形になっているか分かりません。上手に育っているか心配でもあり、楽しみでもあります。    ・人参   人参も直接畑に種まきをします。人参は一本線を描くようにすじまきをするのがオススメですよ。  綺麗に並んで発芽してくれました!  人参は葉もとても美味しい食材のため、この調子で葉もふさふさに育ってくれると嬉しいです。   ・里芋...

【忙しい人向け】ほったらかしでも育つ野菜紹介!【週末農業】

【忙しい人向け】ほったらかしでも育つ野菜紹介!【週末農業】

会社員や主婦の方など、日々忙しく過ごしているけど、実は自分で野菜を育ててみたい…という方におすすめしたい「週末農業」。 「毎日お世話をしなくても大丈夫なの?」「枯れてしまうのでは?」と心配される方に向けて、少ないお世話で栽培可能な野菜をご紹介します。 手軽に挑戦できるので、家庭菜園初心者の方も必見です。 目次 週末だけ野菜を育てる「週末農業」 「週末農業」におすすめの野菜3選 まとめ     週末だけ野菜を育てる「週末農業」 週末農業とは、普段は本業がある人が週末に農作物を育てて家庭菜園を楽しむことです。週末に庭や小さな畑で野菜や果物を育て、自分たちの食べ物を作る楽しみを味わいます。 これによって新鮮な食べ物を手に入れることができるだけでなく、自然と触れ合うことでストレスの発散にも役立ちます。 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、農業を新たな趣味として始めた方も多いですよね。実は、週末だけの農業で収入を得る人も増え、副業としても注目されています。 必ずしも週末に野菜のお世話しないといけないわけではなく、一定の間隔でのお世話でも野菜栽培を楽しめる、ということです。   「週末農業」におすすめの野菜3選 1.根菜類 根菜は地下に根を持ち、その部分を食べる野菜です。主に土の中に栄養をためて成長し、新鮮でおいしい部分は土の中にあります。そのため、一度植え付けてしまえばほぼほったらかしでOK。 葉物と比べて害虫被害も少なく、雨だけの水やりで育つ根菜はまさに「週末農業」にぴったり! ・じゃがいも ・さつまいも ・にんじん ・大根 ・かぶ ・生姜 などが当てはまります。 土の中を掘る収穫はまるで宝探し。ワクワクしながらお子さんと一緒に収穫するのも良いですね。 根菜は収穫後も保存期間が長いため、備蓄しても活躍してくれますよ。   2.たまねぎ...

【忙しい人向け】ほったらかしでも育つ野菜紹介!【週末農業】

会社員や主婦の方など、日々忙しく過ごしているけど、実は自分で野菜を育ててみたい…という方におすすめしたい「週末農業」。 「毎日お世話をしなくても大丈夫なの?」「枯れてしまうのでは?」と心配される方に向けて、少ないお世話で栽培可能な野菜をご紹介します。 手軽に挑戦できるので、家庭菜園初心者の方も必見です。 目次 週末だけ野菜を育てる「週末農業」 「週末農業」におすすめの野菜3選 まとめ     週末だけ野菜を育てる「週末農業」 週末農業とは、普段は本業がある人が週末に農作物を育てて家庭菜園を楽しむことです。週末に庭や小さな畑で野菜や果物を育て、自分たちの食べ物を作る楽しみを味わいます。 これによって新鮮な食べ物を手に入れることができるだけでなく、自然と触れ合うことでストレスの発散にも役立ちます。 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、農業を新たな趣味として始めた方も多いですよね。実は、週末だけの農業で収入を得る人も増え、副業としても注目されています。 必ずしも週末に野菜のお世話しないといけないわけではなく、一定の間隔でのお世話でも野菜栽培を楽しめる、ということです。   「週末農業」におすすめの野菜3選 1.根菜類 根菜は地下に根を持ち、その部分を食べる野菜です。主に土の中に栄養をためて成長し、新鮮でおいしい部分は土の中にあります。そのため、一度植え付けてしまえばほぼほったらかしでOK。 葉物と比べて害虫被害も少なく、雨だけの水やりで育つ根菜はまさに「週末農業」にぴったり! ・じゃがいも ・さつまいも ・にんじん ・大根 ・かぶ ・生姜 などが当てはまります。 土の中を掘る収穫はまるで宝探し。ワクワクしながらお子さんと一緒に収穫するのも良いですね。 根菜は収穫後も保存期間が長いため、備蓄しても活躍してくれますよ。   2.たまねぎ...

【初心者向け】10月に植えるおすすめ野菜を紹介!

【初心者向け】10月に植えるおすすめ野菜を紹介!

涼しい日が多くなり、外で過ごすことが気持ちの良い10月。 気温も湿度も安定し害虫被害が少ない10月は、家庭菜園を始めるにもぴったりの季節です。 今回ご紹介する10月植え付け野菜は、手がかからないけれども収穫量は安定している野菜を選びました! 「家庭菜園には興味があるけどこまめにお世話はできない…」 「ベランダで簡単に育てたい!」 という方は、ぜひ参考にしてくださいね!   目次 家庭菜園の10月とは 10月に植える野菜5選 まとめ     家庭菜園の10月とは 家庭菜園デビューといえば春のイメージが強いですが、実は秋もオススメの季節です。 気持ちの良い気候は土いじりが楽しく、また害虫被害も少ないため初心者の方も安心して野菜栽培を楽しめますよ。 しかし、10月に植え付けする野菜の収穫時期は真冬にあたるため、寒さに強い品種を選ぶようにしましょう。気温が下がると発芽しない場合もあるので、種まきはタイミングを逃さないことが大切です。   9月に植える野菜5選 1.春菊 春菊といえばお鍋の具材としても大活躍しますよね。冬のお鍋料理に自家製春菊を使用するのも良いでしょう。 外葉をカットして収穫することでわき芽が増えて9月から12月まで、長期間収穫することができます。 冬になり、少しずつ収穫量が落ちてきたらビニールトンネルで保温するとさらに長く収穫を楽しめます。 畑はもちろん、プランターでも簡単に栽培することが可能です。 収穫時期を逃してしまっても美味しく食べることができるので、忙しい主婦の方におすすめですよ。   2.ベビーリーフ 収穫までの期間がとても短いベビーリーフ。 市販されているベビーリーフの種は特定の野菜を指しているのではなく、1袋のなかに3~5種類程度の種が混ざっています。 キャベツやほうれん草、水菜やルッコラなど、さまざまな野菜の「赤ちゃんの葉」が収穫できるのが「ベビーリーフ」です。...

【初心者向け】10月に植えるおすすめ野菜を紹介!

涼しい日が多くなり、外で過ごすことが気持ちの良い10月。 気温も湿度も安定し害虫被害が少ない10月は、家庭菜園を始めるにもぴったりの季節です。 今回ご紹介する10月植え付け野菜は、手がかからないけれども収穫量は安定している野菜を選びました! 「家庭菜園には興味があるけどこまめにお世話はできない…」 「ベランダで簡単に育てたい!」 という方は、ぜひ参考にしてくださいね!   目次 家庭菜園の10月とは 10月に植える野菜5選 まとめ     家庭菜園の10月とは 家庭菜園デビューといえば春のイメージが強いですが、実は秋もオススメの季節です。 気持ちの良い気候は土いじりが楽しく、また害虫被害も少ないため初心者の方も安心して野菜栽培を楽しめますよ。 しかし、10月に植え付けする野菜の収穫時期は真冬にあたるため、寒さに強い品種を選ぶようにしましょう。気温が下がると発芽しない場合もあるので、種まきはタイミングを逃さないことが大切です。   9月に植える野菜5選 1.春菊 春菊といえばお鍋の具材としても大活躍しますよね。冬のお鍋料理に自家製春菊を使用するのも良いでしょう。 外葉をカットして収穫することでわき芽が増えて9月から12月まで、長期間収穫することができます。 冬になり、少しずつ収穫量が落ちてきたらビニールトンネルで保温するとさらに長く収穫を楽しめます。 畑はもちろん、プランターでも簡単に栽培することが可能です。 収穫時期を逃してしまっても美味しく食べることができるので、忙しい主婦の方におすすめですよ。   2.ベビーリーフ 収穫までの期間がとても短いベビーリーフ。 市販されているベビーリーフの種は特定の野菜を指しているのではなく、1袋のなかに3~5種類程度の種が混ざっています。 キャベツやほうれん草、水菜やルッコラなど、さまざまな野菜の「赤ちゃんの葉」が収穫できるのが「ベビーリーフ」です。...

旅行中の水やりはどうする?不在時の水やり方法を紹介

旅行中の水やりはどうする?不在時の水やり方法を紹介

旅行や出張で家を留守にする場合、家庭菜園の水やりはどうしていますか? 楽しい旅行から帰宅したとき、大切に育てていた野菜が枯れていたらショックですよね。 今回は、不在時でも水やりができるアイテムや対策方法をご紹介します! 低コストで対策できますので、旅行や出張で家を留守にすることが多い方はぜひ参考にしてくださいね。   目次 水やりをするタイミング 不在時の水やり方法 まとめ    水やりをするタイミング そもそも、水やりはなぜ必要なのでしょうか? 植物は根から吸収する養分、水、日光をもとに成長します。どれか一つでも欠けてしまうと十分な成長が難しいでしょう。ですが、水を与えすぎても悪影響を及ぼすこともあるため、水やりをするタイミングが重要となります。 水やりの頻度は季節や野菜の種類、天候によって変わるので決まったルールはありません。 そのため、オススメの確認方法は土の色を見ることです。 土の表面が乾き、白っぽく変化していたら土が乾燥している証拠ですので、たっぷりと水やりをしましょう。 プランターの場合は鉢底から水が出てくるくらいが目安です。 地植えの場合は、長期間の雨不足など、特別な場合じゃなければ雨だけの水でも十分に育つことができますので、今回は水切れしやすいプランターの不在時の水やり方法をご紹介します。   不在時の水やり方法   ■ペットボトル給水器 ホームセンターや100円均一に販売してある「給水キャップ」を利用すると簡単かつ低コストで給水器が作れます。 給水キャップをつけたペットボトルを土に挿しておくだけでOK! 給水キャップにある小さな穴から少しずつ、じわじわと水やりができる仕組みです。 キリなどでキャップに穴を空ければ給水キャップを使用せずに自分でペットボトル給水器を作ることもできますよ。 不在にする期間が長くなる場合は、使用するペットボトルを2Lのものにすると安心でしょう。   ■綿や布の紐を活用した給水器 「毛細管現象(もうさいかんげんしょう)」という、液体が細い管や細かい穴から自動的に上昇しようとする不思議な現象を活用する給水方法があります。...

旅行中の水やりはどうする?不在時の水やり方法を紹介

旅行や出張で家を留守にする場合、家庭菜園の水やりはどうしていますか? 楽しい旅行から帰宅したとき、大切に育てていた野菜が枯れていたらショックですよね。 今回は、不在時でも水やりができるアイテムや対策方法をご紹介します! 低コストで対策できますので、旅行や出張で家を留守にすることが多い方はぜひ参考にしてくださいね。   目次 水やりをするタイミング 不在時の水やり方法 まとめ    水やりをするタイミング そもそも、水やりはなぜ必要なのでしょうか? 植物は根から吸収する養分、水、日光をもとに成長します。どれか一つでも欠けてしまうと十分な成長が難しいでしょう。ですが、水を与えすぎても悪影響を及ぼすこともあるため、水やりをするタイミングが重要となります。 水やりの頻度は季節や野菜の種類、天候によって変わるので決まったルールはありません。 そのため、オススメの確認方法は土の色を見ることです。 土の表面が乾き、白っぽく変化していたら土が乾燥している証拠ですので、たっぷりと水やりをしましょう。 プランターの場合は鉢底から水が出てくるくらいが目安です。 地植えの場合は、長期間の雨不足など、特別な場合じゃなければ雨だけの水でも十分に育つことができますので、今回は水切れしやすいプランターの不在時の水やり方法をご紹介します。   不在時の水やり方法   ■ペットボトル給水器 ホームセンターや100円均一に販売してある「給水キャップ」を利用すると簡単かつ低コストで給水器が作れます。 給水キャップをつけたペットボトルを土に挿しておくだけでOK! 給水キャップにある小さな穴から少しずつ、じわじわと水やりができる仕組みです。 キリなどでキャップに穴を空ければ給水キャップを使用せずに自分でペットボトル給水器を作ることもできますよ。 不在にする期間が長くなる場合は、使用するペットボトルを2Lのものにすると安心でしょう。   ■綿や布の紐を活用した給水器 「毛細管現象(もうさいかんげんしょう)」という、液体が細い管や細かい穴から自動的に上昇しようとする不思議な現象を活用する給水方法があります。...

簡単!納豆で作る土壌改良液肥【作り方紹介】

簡単!納豆で作る土壌改良液肥【作り方紹介】

納豆は身体に良く、毎日の食卓でよく食べるという方は多いですよね。実はその納豆、身体にだけでなく、野菜栽培をする土壌にも役立つんです! 冷蔵庫に納豆があるご家庭も多いと思いますが、「賞味期限が切れている!」「食べきれずに残してしまった…」というもったいない納豆がある方、捨ててしまうのではく、野菜作りに活用してみませんか? 有機栽培として野菜に栄養を与えることもできますし、廃棄せずに無駄なく循環させることでSDGsにも繋がります。 今回は納豆を使った土壌改良剤の作り方をご紹介します。 目次 納豆菌の魅力 作り方 まとめ     納豆菌の魅力 「納豆菌」とは枯草菌(こそうきん)という細菌の一種で、自然に生えている刈草の表面や枯草に存在しており、納豆を作る際に用いられる菌と同じものです。 実はこの「納豆菌」エコ・ファーム鳥取の堆肥にも活用している頼もしい菌なのです。 ■詳しくはこちら→4カ月で堆肥が完成!【エコ堆肥】成分と秘密を公開   納豆菌を野菜栽培に活用すると、 ①病気を抑える ②カビを抑える ③害虫退治 ④土の団粒構造化 といったメリットがあります。納豆は美味しくて体に良いだけでなく、野菜を育てる土にも非常に役立つ菌なので、野菜を育てている方はぜひ取り入れていただきたいです。   作り方 ではさっそく納豆菌を活用した土壌改良液肥の作り方をご紹介します。   準備するもの ・納豆(食べたあとのパックについているネバネバだけでもOK!) ・ペットボトル(大きめが良い) ・無調整豆乳 ・黒糖、もしくはきび砂糖...

簡単!納豆で作る土壌改良液肥【作り方紹介】

納豆は身体に良く、毎日の食卓でよく食べるという方は多いですよね。実はその納豆、身体にだけでなく、野菜栽培をする土壌にも役立つんです! 冷蔵庫に納豆があるご家庭も多いと思いますが、「賞味期限が切れている!」「食べきれずに残してしまった…」というもったいない納豆がある方、捨ててしまうのではく、野菜作りに活用してみませんか? 有機栽培として野菜に栄養を与えることもできますし、廃棄せずに無駄なく循環させることでSDGsにも繋がります。 今回は納豆を使った土壌改良剤の作り方をご紹介します。 目次 納豆菌の魅力 作り方 まとめ     納豆菌の魅力 「納豆菌」とは枯草菌(こそうきん)という細菌の一種で、自然に生えている刈草の表面や枯草に存在しており、納豆を作る際に用いられる菌と同じものです。 実はこの「納豆菌」エコ・ファーム鳥取の堆肥にも活用している頼もしい菌なのです。 ■詳しくはこちら→4カ月で堆肥が完成!【エコ堆肥】成分と秘密を公開   納豆菌を野菜栽培に活用すると、 ①病気を抑える ②カビを抑える ③害虫退治 ④土の団粒構造化 といったメリットがあります。納豆は美味しくて体に良いだけでなく、野菜を育てる土にも非常に役立つ菌なので、野菜を育てている方はぜひ取り入れていただきたいです。   作り方 ではさっそく納豆菌を活用した土壌改良液肥の作り方をご紹介します。   準備するもの ・納豆(食べたあとのパックについているネバネバだけでもOK!) ・ペットボトル(大きめが良い) ・無調整豆乳 ・黒糖、もしくはきび砂糖...