Instagram

商品のこと、野菜作りやガーデニングなど役立つ情報を日々更新しています!ぜひご覧ください。

エコ・ファーム鳥取は堆肥を作ることによって、豊かな土壌を次世代に残すことに取り組む会社です。堆肥を作るプロセスを通じて様々な人や社会とのつながり、自然の循環が生まれています。それらを継承し、豊かな地域社会づくりに貢献していきます。

エコ・ファーム鳥取の堆肥はふかふかでサラサラ。臭いもなくてとても使いやすいです。家庭菜園の方からプロの園芸家、農家からも絶大な信頼をいただいています。公共工事でも使われています。「土が変わる!」「育ちが全然違う!」そんな声をたくさんいただいているエコ・ファーム鳥取の堆肥。ぜひお試しください。

エコ・ファーム鳥取の商品はどれも人・地球にやさしいものばかりです。どうぞ安心してお買い求めください。商品の使い方や活用方法などSNSで公開中です。大ロットでのご購入をご検討の事業者さまはお問合せください。

  • 梅雨時期に注意!うどんこ病から野菜を守るための対策

    梅雨時期に注意!うどんこ病から野菜を守るための対策

    梅雨の季節になると、家庭菜園や農園で育てている野菜に様々な病気が発生しやすくなりますが、その中でも特に厄介なのが「うどんこ病」です。 この病気は湿度の高い環境や通風が悪い場所で発生しやすく、野菜の成長を妨げる原因となります。適切な対策を講じなければ収穫量が大幅に減少してしまうことも。 本記事では、梅雨時期におけるうどんこ病の予防と対策について詳しく説明します。  目次 うどんこ病とは? うどんこ病の原因 うどんこ病になりやすい野菜 うどんこ病の対策方法まとめ    うどんこ病とは? うどんこ病は、真菌(かび)が原因で発生する植物の病気です。主に葉や茎に白い粉状のカビが付着し、これが病気の名称の由来となっています。 このカビは植物の表面に広がり、光合成を妨げるため、植物の成長が阻害されます。特に湿度が高く風通しが悪い環境では、うどんこ病が急速に広がりやすくなります。   うどんこ病の原因 高湿度梅雨時期や雨が多い季節には、空気中の湿度が高まり、植物の葉や茎に水滴がつきやすく真菌が繁殖しやすい環境になります。特に夜間の湿度が高くなると、うどんこ病の発生リスクが高まります。 風通しの悪さ植物が密集して植えられている場合、風通しが悪くなり、葉や茎の周りに湿気がこもりやすくなります。風通しが悪いと湿度が高く保たれ、真菌が繁殖するのに適した環境が整ってしまいます。特にきゅうりなどの葉が大きく茂る植物は、風通しが悪くなりやすいため注意しましょう。 温度条件うどんこ病は温暖な気候でも発生しやすいため、20~25度の気温が続くと、真菌の成長が促進されます。このため、春から夏にかけての気温が上昇する季節にうどんこ病の発生リスクが高まります。 感染源の存在うどんこ病の胞子は風によって広がります。周囲に感染源が存在する場合、その胞子が風に乗って他の植物に感染する可能性も。また、感染した植物の葉や茎が落ちて土壌に残っている場合、その部分から新たに感染が広がることもあるので、こまめに葉の健康状態を確認しましょう。 うどんこ病になりやすい野菜 うどんこ病は多くの野菜や植物に影響を与える病気で、特定の条件下で特に発生しやすいです。野菜だけでなく、草花・樹木・果樹にも発生します。 以下に、うどんこ病になりやすい主な野菜や植物を挙げます。 【野菜】きゅうり、トマト、ナス、ズッキーニ、かぼちゃ 【植物】バラ、サルビア、ハーブ類【果樹】メロン、ぶどう、苺 夏に育てる植物はうどんこ病の発生条件に該当しやすいため、特に気を付けた方が良いことが分かります。 うどんこ病の対策方法 早期発見と対処うどんこ病は早期に発見することで、被害を最小限に抑えることができます。毎日の観察を習慣づけ、葉や茎に白い粉状のカビが見られたら、すぐに対処しましょう。 感染部位の除去感染が確認された部分は、早急に取り除きます。取り除いた葉や茎は、他の植物に感染しないように、しっかりと処分しましょう。 天然の防除剤の使用 自分で防除剤を手作りしてうどんこ病対策をすることも良いでしょう。例えば、重曹(炭酸水素ナトリウム)を水に溶かした溶液をスプレーボトルに入れ、感染した部分にスプレーする方法があります。牛乳を10倍に薄めた液体も同様に使用できますよ。 市販の農薬の使用天然の方法で対処できない場合は、市販の農薬を使用することも検討しましょう。ただし、使用する際は、必ず製品の使用方法や注意事項を守り、安全に取り扱うことが大切です。...

    梅雨時期に注意!うどんこ病から野菜を守るための対策

    梅雨の季節になると、家庭菜園や農園で育てている野菜に様々な病気が発生しやすくなりますが、その中でも特に厄介なのが「うどんこ病」です。 この病気は湿度の高い環境や通風が悪い場所で発生しやすく、野菜の成長を妨げる原因となります。適切な対策を講じなければ収穫量が大幅に減少してしまうことも。 本記事では、梅雨時期におけるうどんこ病の予防と対策について詳しく説明します。  目次 うどんこ病とは? うどんこ病の原因 うどんこ病になりやすい野菜 うどんこ病の対策方法まとめ    うどんこ病とは? うどんこ病は、真菌(かび)が原因で発生する植物の病気です。主に葉や茎に白い粉状のカビが付着し、これが病気の名称の由来となっています。 このカビは植物の表面に広がり、光合成を妨げるため、植物の成長が阻害されます。特に湿度が高く風通しが悪い環境では、うどんこ病が急速に広がりやすくなります。   うどんこ病の原因 高湿度梅雨時期や雨が多い季節には、空気中の湿度が高まり、植物の葉や茎に水滴がつきやすく真菌が繁殖しやすい環境になります。特に夜間の湿度が高くなると、うどんこ病の発生リスクが高まります。 風通しの悪さ植物が密集して植えられている場合、風通しが悪くなり、葉や茎の周りに湿気がこもりやすくなります。風通しが悪いと湿度が高く保たれ、真菌が繁殖するのに適した環境が整ってしまいます。特にきゅうりなどの葉が大きく茂る植物は、風通しが悪くなりやすいため注意しましょう。 温度条件うどんこ病は温暖な気候でも発生しやすいため、20~25度の気温が続くと、真菌の成長が促進されます。このため、春から夏にかけての気温が上昇する季節にうどんこ病の発生リスクが高まります。 感染源の存在うどんこ病の胞子は風によって広がります。周囲に感染源が存在する場合、その胞子が風に乗って他の植物に感染する可能性も。また、感染した植物の葉や茎が落ちて土壌に残っている場合、その部分から新たに感染が広がることもあるので、こまめに葉の健康状態を確認しましょう。 うどんこ病になりやすい野菜 うどんこ病は多くの野菜や植物に影響を与える病気で、特定の条件下で特に発生しやすいです。野菜だけでなく、草花・樹木・果樹にも発生します。 以下に、うどんこ病になりやすい主な野菜や植物を挙げます。 【野菜】きゅうり、トマト、ナス、ズッキーニ、かぼちゃ 【植物】バラ、サルビア、ハーブ類【果樹】メロン、ぶどう、苺 夏に育てる植物はうどんこ病の発生条件に該当しやすいため、特に気を付けた方が良いことが分かります。 うどんこ病の対策方法 早期発見と対処うどんこ病は早期に発見することで、被害を最小限に抑えることができます。毎日の観察を習慣づけ、葉や茎に白い粉状のカビが見られたら、すぐに対処しましょう。 感染部位の除去感染が確認された部分は、早急に取り除きます。取り除いた葉や茎は、他の植物に感染しないように、しっかりと処分しましょう。 天然の防除剤の使用 自分で防除剤を手作りしてうどんこ病対策をすることも良いでしょう。例えば、重曹(炭酸水素ナトリウム)を水に溶かした溶液をスプレーボトルに入れ、感染した部分にスプレーする方法があります。牛乳を10倍に薄めた液体も同様に使用できますよ。 市販の農薬の使用天然の方法で対処できない場合は、市販の農薬を使用することも検討しましょう。ただし、使用する際は、必ず製品の使用方法や注意事項を守り、安全に取り扱うことが大切です。...

  • 青梅から作る!自家製梅シロップで夏の味を楽しもう

    青梅から作る!自家製梅シロップで夏の味を楽しもう

    梅シロップは、爽やかな酸味と甘味が絶妙に調和した飲み物で、特に自家製の梅シロップは、市販のものとは一味違う風味の豊かさが魅力です。 梅雨時期に作り始めると、暑い夏を乗り切るドリンクとしても大活躍! 今回は、青梅と氷砂糖を使った梅シロップの作り方と、活用法についてご紹介します。  目次 梅シロップとは? 梅シロップの作り方 梅シロップの活用法 保存方法まとめ    梅シロップとは? 梅シロップとは、青梅(未熟な梅の実)と砂糖を使って作られるシロップのことです。青梅の爽やかな酸味と砂糖の甘味が融合し、独特の風味が楽しめるシロップが出来上がります。 お家で簡単に作ることができ、夏場に飲むと爽快感とともに疲れを癒してくれます。最近では「梅仕事」のひとつとしても人気の梅レシピです。 梅シロップの作り方 ●必要な材料 青梅:1kg 氷砂糖:1kg 消毒用アルコール(35%以上の焼酎やホワイトリカーなど):適量 果実酒用の容器:4リットル容器 竹串 ●準備 梅の下処理青梅は流水でよく洗い、ざるにあげて水気をしっかりと切ります。竹串や爪楊枝を使いヘタを取り除きましょう。その際、梅に傷をつけないように注意しながら丁寧に作業してください。 瓶の消毒使用する瓶は熱湯消毒またはアルコール消毒を行い、しっかりと乾燥させます。これにより雑菌の繁殖を防ぎ、梅シロップの保存性を高めます。 ●手順 瓶に材料を詰める消毒した瓶に、青梅と氷砂糖を交互に入れていきます。まず青梅を一層敷き、その上に氷砂糖を一層のせる、という具合に繰り返します。材料がすべて入るまでこの手順を続けます。 熟成させる 瓶の蓋をしっかりと閉め、直射日光の当たらない涼しい場所で保存します。毎日瓶を軽く揺すって氷砂糖が均等に溶けるようにしましょう。1週間ほどで氷砂糖が溶け始め、約1ヶ月後には梅シロップが完成します。 仕上げ シロップが完成したら、梅の実を取り除き、シロップだけを清潔な瓶に移します。梅の実は捨てずに別の料理やお菓子作りに活用するのもオススメですよ。 作業自体はとてもシンプルで簡単です。小さなお子さんも一緒に取り組むことができるので、梅ジュース作りとして楽しい時間を過ごすのも良いですね。  ...

    青梅から作る!自家製梅シロップで夏の味を楽しもう

    梅シロップは、爽やかな酸味と甘味が絶妙に調和した飲み物で、特に自家製の梅シロップは、市販のものとは一味違う風味の豊かさが魅力です。 梅雨時期に作り始めると、暑い夏を乗り切るドリンクとしても大活躍! 今回は、青梅と氷砂糖を使った梅シロップの作り方と、活用法についてご紹介します。  目次 梅シロップとは? 梅シロップの作り方 梅シロップの活用法 保存方法まとめ    梅シロップとは? 梅シロップとは、青梅(未熟な梅の実)と砂糖を使って作られるシロップのことです。青梅の爽やかな酸味と砂糖の甘味が融合し、独特の風味が楽しめるシロップが出来上がります。 お家で簡単に作ることができ、夏場に飲むと爽快感とともに疲れを癒してくれます。最近では「梅仕事」のひとつとしても人気の梅レシピです。 梅シロップの作り方 ●必要な材料 青梅:1kg 氷砂糖:1kg 消毒用アルコール(35%以上の焼酎やホワイトリカーなど):適量 果実酒用の容器:4リットル容器 竹串 ●準備 梅の下処理青梅は流水でよく洗い、ざるにあげて水気をしっかりと切ります。竹串や爪楊枝を使いヘタを取り除きましょう。その際、梅に傷をつけないように注意しながら丁寧に作業してください。 瓶の消毒使用する瓶は熱湯消毒またはアルコール消毒を行い、しっかりと乾燥させます。これにより雑菌の繁殖を防ぎ、梅シロップの保存性を高めます。 ●手順 瓶に材料を詰める消毒した瓶に、青梅と氷砂糖を交互に入れていきます。まず青梅を一層敷き、その上に氷砂糖を一層のせる、という具合に繰り返します。材料がすべて入るまでこの手順を続けます。 熟成させる 瓶の蓋をしっかりと閉め、直射日光の当たらない涼しい場所で保存します。毎日瓶を軽く揺すって氷砂糖が均等に溶けるようにしましょう。1週間ほどで氷砂糖が溶け始め、約1ヶ月後には梅シロップが完成します。 仕上げ シロップが完成したら、梅の実を取り除き、シロップだけを清潔な瓶に移します。梅の実は捨てずに別の料理やお菓子作りに活用するのもオススメですよ。 作業自体はとてもシンプルで簡単です。小さなお子さんも一緒に取り組むことができるので、梅ジュース作りとして楽しい時間を過ごすのも良いですね。  ...

  • 【梅雨時期の大敵】ナメクジの意外な対策方法を紹介

    【梅雨時期の大敵】ナメクジの意外な対策方法を紹介

    梅雨が訪れると、庭や畑で見かけることが多くなるのがナメクジです。ナメクジは湿度の高い環境を好み、野菜を食害して野菜の生産者を困らせます。 今回の記事では、ナメクジの生態と被害、そして意外な対策方法についてご紹介します!  目次 ナメクジの生態と被害 除去と障害物の設置 捕獲器の設置 化学的対策まとめ   ナメクジの生態と被害 ナメクジは陸生の軟体動物で、湿った環境を好みます。昼間は土の中や石の下、葉の陰などの湿った場所に隠れており、夜間や雨の日に活動を活発化させます。 ナメクジは雑食性であり、特に新芽や若い葉、果実などを食害します。これにより、野菜は成長が阻害され、場合によっては枯死してしまうことも。 ナメクジ対策は予防と駆除の二つのアプローチが重要です。まずは予防策を行い、その上で発生したナメクジを効率的に駆除する方法を実践しましょう。 以下に具体的な対策方法をご紹介します。  除去と障害物の設置 物理的対策の基本は、ナメクジが好む環境を減らすことです。庭や畑の落ち葉や石、枯れ草などを定期的に取り除きます。その後、下記の方法を参考に障害物を設置しましょう。 コーヒーかすをまく コーヒーかすを野菜の周りに直接撒く方法です。コーヒーかすに含まれるカフェインはナメクジにとって毒性があるため、ナメクジの神経系に影響を与え、動きを鈍らせるだけでなく、致死的な効果をもたらすことがあります。湿ったコーヒーかすはカビが発生することがあるため、できるだけ乾燥させてから使用するようにしましょう。 木酢液を散布する 木酢液(もくさくえき)は、木材を炭化する過程で得られる液体で、独特の強い香りがあります。ナメクジは嗅覚を使って食物を探すため、この強い香りが行動を妨げる効果があります。また、木酢液は天然成分なので、化学薬品を使用したくない方にもおすすめです。ただし、木酢液は濃度が高いと野菜にダメージを与える可能性があります。10倍から20倍の水で希釈して使用し、野菜に対する影響を最小限に抑えるようにしましょう。夜間や雨の後など、ナメクジが活発に活動する時間帯にスプレーすると効果的です。 卵の殻をまく 人が触るうえでは分からないのですが、卵の殻の表面はトゲトゲしています。この鋭いエッジがナメクジの移動を妨げるため、野菜を保護するのに役立ちます。また、本来捨てるものを再利用できるので、環境に優しいところも嬉しいですね。手順は、使用済みの卵の殻を水で洗い、内側の薄い膜を取り除きます。殻を完全に乾燥させ、ナイロン袋に入れて手で細かく砕き、苗や種を植えた土の周りにまいて完了です。卵の殻はカルシウムを多く含んでいるため、時間が経つにつれて土壌の栄養を補うこともできますよ。  捕獲器の設置 続いて、捕獲器を設置してナメクジを捕獲し、駆除する方法をご紹介します。 ビールトラップ 捕獲器としては、ビールトラップが一般的です。この方法は、ナメクジがビールの匂いに引き寄せられる性質を利用して、物理的に捕獲するものです。以下に手順を紹介します。 ①小さな容器を地面と同じ高さになるように穴を掘り埋める。②容器の約1/3から半分程度までビールを注ぐ。③ナメクジがよく出没する場所や植物の周りに複数のビールトラップを設置する。 ナメクジの嗅覚を利用して簡単に捕獲できる上、環境にも優しいため非常におすすめな対策方法ですが、ビールは時間が経つと効果が薄れるため、数日ごとに新しいビールに交換する必要があります。また、容器内のナメクジを取り除き、清潔な状態を保つことが重要です。雨が降るとトラップ内のビールが薄まってしまうため、雨が止んだ後にビールを交換することも忘れないように気を付けて下さいね。 バナナトラップバナナトラップも、ビールトラップと同じ原理で、ナメクジを甘い香りで誘引し、捕獲する方法です。バナナトラップは、家庭で簡単に手に入る材料(バナナの皮と容器)を使って作成できるため、手軽で経済的なナメクジ対策といえます。また、化学薬品を使用しないため、ペット、子供がいる環境でも安心して使用できます。バナナトラップを設置する際は、バナナの皮を細かく切り、より強い香りを放つようにしましょう。 化学的対策 ナメクジ駆除剤の使用ナメクジ駆除剤は速やかにナメクジを殺す成分を含んでおり、ナメクジ被害の迅速な軽減が期待できます。そのため、野菜への被害を短期間で減少させることができます。市販されているナメクジ駆除剤は、メタルデヒドや鉄系の成分を含むものが一般的です。これらの駆除剤は、ナメクジが接触すると体内の水分を奪い、脱水状態にして駆除します。多くの駆除剤は持続効果があり、数週間から数ヶ月にわたってナメクジの活動を抑制するため、長期間にわたって家庭菜園をナメクジから守ることができます。駆除剤はペレット状や液体状など、さまざまな種類がありますが、家庭菜園に使用する場合は、野菜や環境に優しい成分を含むものを選ぶと良いでしょう。ただし、使用する際は、ペットや子供が誤って口にしないよう注意が必要です。...

    【梅雨時期の大敵】ナメクジの意外な対策方法を紹介

    梅雨が訪れると、庭や畑で見かけることが多くなるのがナメクジです。ナメクジは湿度の高い環境を好み、野菜を食害して野菜の生産者を困らせます。 今回の記事では、ナメクジの生態と被害、そして意外な対策方法についてご紹介します!  目次 ナメクジの生態と被害 除去と障害物の設置 捕獲器の設置 化学的対策まとめ   ナメクジの生態と被害 ナメクジは陸生の軟体動物で、湿った環境を好みます。昼間は土の中や石の下、葉の陰などの湿った場所に隠れており、夜間や雨の日に活動を活発化させます。 ナメクジは雑食性であり、特に新芽や若い葉、果実などを食害します。これにより、野菜は成長が阻害され、場合によっては枯死してしまうことも。 ナメクジ対策は予防と駆除の二つのアプローチが重要です。まずは予防策を行い、その上で発生したナメクジを効率的に駆除する方法を実践しましょう。 以下に具体的な対策方法をご紹介します。  除去と障害物の設置 物理的対策の基本は、ナメクジが好む環境を減らすことです。庭や畑の落ち葉や石、枯れ草などを定期的に取り除きます。その後、下記の方法を参考に障害物を設置しましょう。 コーヒーかすをまく コーヒーかすを野菜の周りに直接撒く方法です。コーヒーかすに含まれるカフェインはナメクジにとって毒性があるため、ナメクジの神経系に影響を与え、動きを鈍らせるだけでなく、致死的な効果をもたらすことがあります。湿ったコーヒーかすはカビが発生することがあるため、できるだけ乾燥させてから使用するようにしましょう。 木酢液を散布する 木酢液(もくさくえき)は、木材を炭化する過程で得られる液体で、独特の強い香りがあります。ナメクジは嗅覚を使って食物を探すため、この強い香りが行動を妨げる効果があります。また、木酢液は天然成分なので、化学薬品を使用したくない方にもおすすめです。ただし、木酢液は濃度が高いと野菜にダメージを与える可能性があります。10倍から20倍の水で希釈して使用し、野菜に対する影響を最小限に抑えるようにしましょう。夜間や雨の後など、ナメクジが活発に活動する時間帯にスプレーすると効果的です。 卵の殻をまく 人が触るうえでは分からないのですが、卵の殻の表面はトゲトゲしています。この鋭いエッジがナメクジの移動を妨げるため、野菜を保護するのに役立ちます。また、本来捨てるものを再利用できるので、環境に優しいところも嬉しいですね。手順は、使用済みの卵の殻を水で洗い、内側の薄い膜を取り除きます。殻を完全に乾燥させ、ナイロン袋に入れて手で細かく砕き、苗や種を植えた土の周りにまいて完了です。卵の殻はカルシウムを多く含んでいるため、時間が経つにつれて土壌の栄養を補うこともできますよ。  捕獲器の設置 続いて、捕獲器を設置してナメクジを捕獲し、駆除する方法をご紹介します。 ビールトラップ 捕獲器としては、ビールトラップが一般的です。この方法は、ナメクジがビールの匂いに引き寄せられる性質を利用して、物理的に捕獲するものです。以下に手順を紹介します。 ①小さな容器を地面と同じ高さになるように穴を掘り埋める。②容器の約1/3から半分程度までビールを注ぐ。③ナメクジがよく出没する場所や植物の周りに複数のビールトラップを設置する。 ナメクジの嗅覚を利用して簡単に捕獲できる上、環境にも優しいため非常におすすめな対策方法ですが、ビールは時間が経つと効果が薄れるため、数日ごとに新しいビールに交換する必要があります。また、容器内のナメクジを取り除き、清潔な状態を保つことが重要です。雨が降るとトラップ内のビールが薄まってしまうため、雨が止んだ後にビールを交換することも忘れないように気を付けて下さいね。 バナナトラップバナナトラップも、ビールトラップと同じ原理で、ナメクジを甘い香りで誘引し、捕獲する方法です。バナナトラップは、家庭で簡単に手に入る材料(バナナの皮と容器)を使って作成できるため、手軽で経済的なナメクジ対策といえます。また、化学薬品を使用しないため、ペット、子供がいる環境でも安心して使用できます。バナナトラップを設置する際は、バナナの皮を細かく切り、より強い香りを放つようにしましょう。 化学的対策 ナメクジ駆除剤の使用ナメクジ駆除剤は速やかにナメクジを殺す成分を含んでおり、ナメクジ被害の迅速な軽減が期待できます。そのため、野菜への被害を短期間で減少させることができます。市販されているナメクジ駆除剤は、メタルデヒドや鉄系の成分を含むものが一般的です。これらの駆除剤は、ナメクジが接触すると体内の水分を奪い、脱水状態にして駆除します。多くの駆除剤は持続効果があり、数週間から数ヶ月にわたってナメクジの活動を抑制するため、長期間にわたって家庭菜園をナメクジから守ることができます。駆除剤はペレット状や液体状など、さまざまな種類がありますが、家庭菜園に使用する場合は、野菜や環境に優しい成分を含むものを選ぶと良いでしょう。ただし、使用する際は、ペットや子供が誤って口にしないよう注意が必要です。...

1 3