Instagram

商品のこと、野菜作りやガーデニングなど役立つ情報を日々更新しています!ぜひご覧ください。

エコ・ファーム鳥取は堆肥を作ることによって、豊かな土壌を次世代に残すことに取り組む会社です。堆肥を作るプロセスを通じて様々な人や社会とのつながり、自然の循環が生まれています。それらを継承し、豊かな地域社会づくりに貢献していきます。

エコ・ファーム鳥取の堆肥はふかふかでサラサラ。臭いもなくてとても使いやすいです。家庭菜園の方からプロの園芸家、農家からも絶大な信頼をいただいています。公共工事でも使われています。「土が変わる!」「育ちが全然違う!」そんな声をたくさんいただいているエコ・ファーム鳥取の堆肥。ぜひお試しください。

エコ・ファーム鳥取の商品はどれも人・地球にやさしいものばかりです。どうぞ安心してお買い求めください。商品の使い方や活用方法などSNSで公開中です。大ロットでのご購入をご検討の事業者さまはお問合せください。

  • 家庭菜園の基本、肥料の3要素を解説

    家庭菜園の基本、肥料の3要素を解説

    野菜を健康に育てるためには、適切な肥料を与えることは欠かせません。肥料にはさまざまな種類がありますが、その中でも特に重要なのが「N-P-K」と呼ばれる3つの要素です。 この記事では、野菜栽培の基本の肥料である3要素の種類と、野菜の成長との関係性について、詳しく解説します! 目次 肥料の三要素とは 肥料の選び方と使い方 与え方のポイント まとめ    肥料の三要素とは 肥料の3要素とは、植物の成長に必要な主要栄養素である「窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)」のことを指します。  窒素(N):葉や茎の成長を促進 【役割】窒素は、植物の葉や茎の成長に欠かせない栄養素です。葉緑素の主要成分であり、光合成を通じてエネルギーを生産する役割を果たします。 窒素が不足すると、植物の成長が遅れ、葉が黄色く変色する「黄化現象」が起きます。特に新葉に顕著に現れ、植物全体の活力が低下します。 一方、窒素が過剰になると、葉が過剰に茂りすぎてしまい、果実や花の生産が遅れてしまう可能性も。さらに、病害虫に対する抵抗力が弱まることもあります。【使用方法】家庭菜園では、葉物野菜(レタス、ほうれん草など)に窒素を多く含む肥料を使うと効果的です。ただし、バランスを保つことが重要です。一般的には、成長期に窒素を多く与え、開花や実がつき始めたら窒素を控えめにすることが推奨されます。   リン(P):根や花、果実の発達を助ける 【役割】リンは、植物のエネルギー代謝や遺伝情報の転送に関与する重要な要素です。根の発育を促進し、花や果実の生成に必要なエネルギーを供給します。 リンが不足すると、根の発達が遅れ、全体的に成長が鈍化します。葉の色が暗緑色から紫色に変わることもあり、特に若い植物で顕著です。 過剰なリンは、他の栄養素(特に亜鉛や鉄)の吸収を妨げる可能性があり、微量栄養素欠乏症が発生しやすくなります。【使用方法】リンを多く含む肥料は、根菜類(にんじん、じゃがいもなど)や果実を収穫する野菜(トマト、ナスなど)に適しています。特に、苗を植え付ける前や花が咲く前に施肥すると効果的です。  カリウム(K):全体的な健康と耐病性を向上 【役割】カリウムは、植物の全体的な健康を維持し、耐病性を高める役割があります。細胞の水分バランスを調整し、酵素の活性化を助けることで、ストレス耐性を向上させます。 カリウムが不足すると、葉の縁が黄色や茶色に変色し、最終的には枯れ始めます。また、植物全体が弱くなり、病害虫に対する抵抗力が低下します。カリウムの過剰摂取は比較的少ない問題ですが、他の栄養素(カルシウムやマグネシウム)の吸収を妨げることがあります。【使用方法】カリウムを多く含む肥料は、果実や根の品質を向上させるために使用されます。果菜類(トマト、ピーマンなど)や根菜類(さつまいも、だいこんなど)に特に効果的です。 肥料の選び方と使い方 家庭菜園で使用する肥料の選び方には、いくつかのポイントがあります。 市販の肥料は、多くの場合、N-P-Kの割合が表示されています。これは、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)の含有比率を示しており、自分の育てたい植物や栽培段階に合わせて適切な肥料を選ぶことができます。   【肥料の種類】 ・化学肥料 化学肥料は、工業的に合成された肥料で、特定の栄養素(窒素、リン、カリウムなど)が高濃度で含まれています。必要な栄養素を高濃度で含んでいるため、土壌に投入するとすぐに効果が現れます。製品ごとに均一な品質と成分を持っているので、必要な栄養素を正確に供給できるため、特定の作物や状況に合わせた施肥が可能です。 ただし、過剰に使用すると、土壌や水質汚染の原因となる可能性があり、長期的に使用すると、土壌の物理的性質が劣化する場合があるので注意しましょう。...

    家庭菜園の基本、肥料の3要素を解説

    野菜を健康に育てるためには、適切な肥料を与えることは欠かせません。肥料にはさまざまな種類がありますが、その中でも特に重要なのが「N-P-K」と呼ばれる3つの要素です。 この記事では、野菜栽培の基本の肥料である3要素の種類と、野菜の成長との関係性について、詳しく解説します! 目次 肥料の三要素とは 肥料の選び方と使い方 与え方のポイント まとめ    肥料の三要素とは 肥料の3要素とは、植物の成長に必要な主要栄養素である「窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)」のことを指します。  窒素(N):葉や茎の成長を促進 【役割】窒素は、植物の葉や茎の成長に欠かせない栄養素です。葉緑素の主要成分であり、光合成を通じてエネルギーを生産する役割を果たします。 窒素が不足すると、植物の成長が遅れ、葉が黄色く変色する「黄化現象」が起きます。特に新葉に顕著に現れ、植物全体の活力が低下します。 一方、窒素が過剰になると、葉が過剰に茂りすぎてしまい、果実や花の生産が遅れてしまう可能性も。さらに、病害虫に対する抵抗力が弱まることもあります。【使用方法】家庭菜園では、葉物野菜(レタス、ほうれん草など)に窒素を多く含む肥料を使うと効果的です。ただし、バランスを保つことが重要です。一般的には、成長期に窒素を多く与え、開花や実がつき始めたら窒素を控えめにすることが推奨されます。   リン(P):根や花、果実の発達を助ける 【役割】リンは、植物のエネルギー代謝や遺伝情報の転送に関与する重要な要素です。根の発育を促進し、花や果実の生成に必要なエネルギーを供給します。 リンが不足すると、根の発達が遅れ、全体的に成長が鈍化します。葉の色が暗緑色から紫色に変わることもあり、特に若い植物で顕著です。 過剰なリンは、他の栄養素(特に亜鉛や鉄)の吸収を妨げる可能性があり、微量栄養素欠乏症が発生しやすくなります。【使用方法】リンを多く含む肥料は、根菜類(にんじん、じゃがいもなど)や果実を収穫する野菜(トマト、ナスなど)に適しています。特に、苗を植え付ける前や花が咲く前に施肥すると効果的です。  カリウム(K):全体的な健康と耐病性を向上 【役割】カリウムは、植物の全体的な健康を維持し、耐病性を高める役割があります。細胞の水分バランスを調整し、酵素の活性化を助けることで、ストレス耐性を向上させます。 カリウムが不足すると、葉の縁が黄色や茶色に変色し、最終的には枯れ始めます。また、植物全体が弱くなり、病害虫に対する抵抗力が低下します。カリウムの過剰摂取は比較的少ない問題ですが、他の栄養素(カルシウムやマグネシウム)の吸収を妨げることがあります。【使用方法】カリウムを多く含む肥料は、果実や根の品質を向上させるために使用されます。果菜類(トマト、ピーマンなど)や根菜類(さつまいも、だいこんなど)に特に効果的です。 肥料の選び方と使い方 家庭菜園で使用する肥料の選び方には、いくつかのポイントがあります。 市販の肥料は、多くの場合、N-P-Kの割合が表示されています。これは、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)の含有比率を示しており、自分の育てたい植物や栽培段階に合わせて適切な肥料を選ぶことができます。   【肥料の種類】 ・化学肥料 化学肥料は、工業的に合成された肥料で、特定の栄養素(窒素、リン、カリウムなど)が高濃度で含まれています。必要な栄養素を高濃度で含んでいるため、土壌に投入するとすぐに効果が現れます。製品ごとに均一な品質と成分を持っているので、必要な栄養素を正確に供給できるため、特定の作物や状況に合わせた施肥が可能です。 ただし、過剰に使用すると、土壌や水質汚染の原因となる可能性があり、長期的に使用すると、土壌の物理的性質が劣化する場合があるので注意しましょう。...

  • 野菜栽培の楽しみを増やす、コンパニオンプランツ一覧

    野菜栽培の楽しみを増やす、コンパニオンプランツ一覧

    野菜を育てるのは楽しいですが、野菜栽培と切っても切り離せないのが害虫や病気の悩み。 農薬や防虫剤を上手く利用することも1つの方法ですが、できれば環境や身体に良い栽培がしたいもの。 そこでお伝えしたい方法が「コンパニオンプランツ」です。 特定の植物を一緒に植えることで、病害虫の問題を解決し、野菜の収穫を増やすことができるのが「コンパニオンプランツ」。 今回は、野菜栽培におけるコンパニオンプランツの効果と組み合わせ種類をご紹介します。 目次 コンパニオンプランツとは コンパニオンプランツ組み合わせ紹介 避けるべき組み合わせ まとめ    コンパニオンプランツとは コンパニオンプランツとは、互いに近くに植えることでお互いに有益な影響を与える植物の組み合わせを指します。 この方法は、農業やガーデニングでよく使われており、植物の成長を促進したり、病害虫を抑制したり、土壌の栄養を改善したりする効果があります。  【メリット】 1.病害虫の抑制 特定の植物は害虫を遠ざけたり、良い虫(天敵)を引き寄せたりすることで、他の植物を守る役割を果たします。 2.土壌の改良 豆類のような植物は、土壌に窒素を固定し、他の植物の栄養を向上させます。 3.成長促進 一部の植物は、他の植物の成長を助ける化学物質を分泌します。 ただし、コンパニオンプランツの組み合わせには科学的根拠があるものもあれば、経験や伝統に基づくものもあります。 すべての組み合わせが必ずしも成功するわけではないので、自分の庭や畑で試行錯誤しながら最適な組み合わせを見つけることが重要です。 コンパニオンプランツの知識を活用することで、自然に優しく、持続可能な農業やガーデニングを実践することができますよ。   コンパニオンプランツ組み合わせ紹介 コンパニオンプランツの組み合わせにはさまざまなものがあります。以下に、いくつかの代表的な組み合わせをご紹介します。   【トマトと相性の良い組み合わせ】 ①バジル...

    野菜栽培の楽しみを増やす、コンパニオンプランツ一覧

    野菜を育てるのは楽しいですが、野菜栽培と切っても切り離せないのが害虫や病気の悩み。 農薬や防虫剤を上手く利用することも1つの方法ですが、できれば環境や身体に良い栽培がしたいもの。 そこでお伝えしたい方法が「コンパニオンプランツ」です。 特定の植物を一緒に植えることで、病害虫の問題を解決し、野菜の収穫を増やすことができるのが「コンパニオンプランツ」。 今回は、野菜栽培におけるコンパニオンプランツの効果と組み合わせ種類をご紹介します。 目次 コンパニオンプランツとは コンパニオンプランツ組み合わせ紹介 避けるべき組み合わせ まとめ    コンパニオンプランツとは コンパニオンプランツとは、互いに近くに植えることでお互いに有益な影響を与える植物の組み合わせを指します。 この方法は、農業やガーデニングでよく使われており、植物の成長を促進したり、病害虫を抑制したり、土壌の栄養を改善したりする効果があります。  【メリット】 1.病害虫の抑制 特定の植物は害虫を遠ざけたり、良い虫(天敵)を引き寄せたりすることで、他の植物を守る役割を果たします。 2.土壌の改良 豆類のような植物は、土壌に窒素を固定し、他の植物の栄養を向上させます。 3.成長促進 一部の植物は、他の植物の成長を助ける化学物質を分泌します。 ただし、コンパニオンプランツの組み合わせには科学的根拠があるものもあれば、経験や伝統に基づくものもあります。 すべての組み合わせが必ずしも成功するわけではないので、自分の庭や畑で試行錯誤しながら最適な組み合わせを見つけることが重要です。 コンパニオンプランツの知識を活用することで、自然に優しく、持続可能な農業やガーデニングを実践することができますよ。   コンパニオンプランツ組み合わせ紹介 コンパニオンプランツの組み合わせにはさまざまなものがあります。以下に、いくつかの代表的な組み合わせをご紹介します。   【トマトと相性の良い組み合わせ】 ①バジル...

  • 【夏野菜の苗選び】良い苗の見分け方を紹介!

    【夏野菜の苗選び】良い苗の見分け方を紹介!

    夏が近付くにつれて、庭やベランダで夏野菜を育てる計画を立てている方も多いですよね。 ホームセンターでたくさん並んでいる苗。どの苗を購入するべきか、悩んだことはありませんか? 良い苗を選ぶことは、豊かな収穫を得るためにとても重要です。 この記事では、夏野菜の苗選びについての重要なポイントを紹介します。 目次 販売場所にこだわる 苗選びのポイント 品種の選択まとめ    販売場所にこだわる では、さっそく苗選び!…の前に、販売場所も意識して選ぶ必要があります。 大型のホームセンターで苗を購入することも可能ですが、信頼できる種苗店や農家さんからの購入がおすすめ。その際に確認するべきポイントをお紹介します。   1.信頼性の確認 品質管理が行き届いている販売場所を選びます。 実際に野菜栽培をしている方のおすすめの販売店を聞くなど、口コミを確認すると生の声を聞くことができるのでとても参考になりますよ。 信頼と実績のある販売店だとより安心して苗を選ぶことができます。   2.植物の扱い方 苗を販売する店舗や農家さんが、苗の取り扱いについて適切な方法を行っているかを確認しましょう。 苗が適切な水や日光を受け取っているか、植物が健康であるかを注意して確認します。   3.品質管理 販売場所が品質管理に力を入れているかを確認します。 例えば、病気や害虫の予防対策、自社での生産方法や品質管理体制まで確認できるとより安心です。   4.専門知識の提供 苗を販売するスタッフが専門知識を持っているかどうかも重要です。特に初心者の方は、野菜栽培について質問したいことが多いですよね。質問に対して的確なアドバイスをしてもらえるのか確認しましょう。   これらのポイントを考慮して、信頼できる販売場所を選ぶことが、健康で元気な夏野菜の苗を手に入れるための第一歩となるでしょう。...

    【夏野菜の苗選び】良い苗の見分け方を紹介!

    夏が近付くにつれて、庭やベランダで夏野菜を育てる計画を立てている方も多いですよね。 ホームセンターでたくさん並んでいる苗。どの苗を購入するべきか、悩んだことはありませんか? 良い苗を選ぶことは、豊かな収穫を得るためにとても重要です。 この記事では、夏野菜の苗選びについての重要なポイントを紹介します。 目次 販売場所にこだわる 苗選びのポイント 品種の選択まとめ    販売場所にこだわる では、さっそく苗選び!…の前に、販売場所も意識して選ぶ必要があります。 大型のホームセンターで苗を購入することも可能ですが、信頼できる種苗店や農家さんからの購入がおすすめ。その際に確認するべきポイントをお紹介します。   1.信頼性の確認 品質管理が行き届いている販売場所を選びます。 実際に野菜栽培をしている方のおすすめの販売店を聞くなど、口コミを確認すると生の声を聞くことができるのでとても参考になりますよ。 信頼と実績のある販売店だとより安心して苗を選ぶことができます。   2.植物の扱い方 苗を販売する店舗や農家さんが、苗の取り扱いについて適切な方法を行っているかを確認しましょう。 苗が適切な水や日光を受け取っているか、植物が健康であるかを注意して確認します。   3.品質管理 販売場所が品質管理に力を入れているかを確認します。 例えば、病気や害虫の予防対策、自社での生産方法や品質管理体制まで確認できるとより安心です。   4.専門知識の提供 苗を販売するスタッフが専門知識を持っているかどうかも重要です。特に初心者の方は、野菜栽培について質問したいことが多いですよね。質問に対して的確なアドバイスをしてもらえるのか確認しましょう。   これらのポイントを考慮して、信頼できる販売場所を選ぶことが、健康で元気な夏野菜の苗を手に入れるための第一歩となるでしょう。...

1 3