Instagram

商品のこと、野菜作りやガーデニングなど役立つ情報を日々更新しています!ぜひご覧ください。

エコ・ファーム鳥取は堆肥を作ることによって、豊かな土壌を次世代に残すことに取り組む会社です。堆肥を作るプロセスを通じて様々な人や社会とのつながり、自然の循環が生まれています。それらを継承し、豊かな地域社会づくりに貢献していきます。

エコ・ファーム鳥取の堆肥はふかふかでサラサラ。臭いもなくてとても使いやすいです。家庭菜園の方からプロの園芸家、農家からも絶大な信頼をいただいています。公共工事でも使われています。「土が変わる!」「育ちが全然違う!」そんな声をたくさんいただいているエコ・ファーム鳥取の堆肥。ぜひお試しください。

エコ・ファーム鳥取の商品はどれも人・地球にやさしいものばかりです。どうぞ安心してお買い求めください。商品の使い方や活用方法などSNSで公開中です。大ロットでのご購入をご検討の事業者さまはお問合せください。

  • 【早起きは三文の徳】家庭菜園、朝にするべき作業

    【早起きは三文の徳】家庭菜園、朝にするべき作業

    「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、早起きには多くの利点があります。家庭菜園でも早起きしないと損!?と思われるほど、朝に行うと効率の良い作業がたくさんあります。 この記事では、家庭菜園にもご自身の健康にも嬉しい朝の作業をお伝えします!  目次 早起きのメリット 1. 水やり 2. 雑草取り 3. 害虫対策4. 芽かき・摘芯・収穫 5. 土の手入れ 6. ストレス解消とリラクゼーション まとめ   早起きのメリット 「早起きは三文の徳」という言葉は、早起きすることで得られる小さな利益が積み重なることで、大きな利益に繋がるという意味です。 早起きすることで、静かな時間に集中でき、涼しい気候の中で作業ができるため、体にも優しいですよね。これらの利点は家庭菜園にも関係します。以下に、朝にするべき具体的な作業をご紹介します。 1. 水やり 朝の気温が上がる前に水を与えることで、野菜が効率よく水分を吸収できます。 また、日中に水やりをすると土の温度が高く、せっかく与えた水がお湯になり野菜が蒸れて弱ってしまいます。 そのため、水やりは朝の涼しい時間帯に行い、野菜の健康を保ちましょう。 2. 雑草取り 朝の時間帯は雑草取りにも最適です。雑草は成長が早く、放置するとすぐに広がってしまうので、早い段階からこまめに行いましょう。 朝のうちに雑草を取り除くことで、日中の他の作業に集中できるようになりますし、朝露が残っている時間帯は土が柔らかく、雑草を引き抜きやすいというメリットもありますよ。 3....

    【早起きは三文の徳】家庭菜園、朝にするべき作業

    「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、早起きには多くの利点があります。家庭菜園でも早起きしないと損!?と思われるほど、朝に行うと効率の良い作業がたくさんあります。 この記事では、家庭菜園にもご自身の健康にも嬉しい朝の作業をお伝えします!  目次 早起きのメリット 1. 水やり 2. 雑草取り 3. 害虫対策4. 芽かき・摘芯・収穫 5. 土の手入れ 6. ストレス解消とリラクゼーション まとめ   早起きのメリット 「早起きは三文の徳」という言葉は、早起きすることで得られる小さな利益が積み重なることで、大きな利益に繋がるという意味です。 早起きすることで、静かな時間に集中でき、涼しい気候の中で作業ができるため、体にも優しいですよね。これらの利点は家庭菜園にも関係します。以下に、朝にするべき具体的な作業をご紹介します。 1. 水やり 朝の気温が上がる前に水を与えることで、野菜が効率よく水分を吸収できます。 また、日中に水やりをすると土の温度が高く、せっかく与えた水がお湯になり野菜が蒸れて弱ってしまいます。 そのため、水やりは朝の涼しい時間帯に行い、野菜の健康を保ちましょう。 2. 雑草取り 朝の時間帯は雑草取りにも最適です。雑草は成長が早く、放置するとすぐに広がってしまうので、早い段階からこまめに行いましょう。 朝のうちに雑草を取り除くことで、日中の他の作業に集中できるようになりますし、朝露が残っている時間帯は土が柔らかく、雑草を引き抜きやすいというメリットもありますよ。 3....

  • 実は簡単!紫陽花を挿し木で増やしてみよう

    実は簡単!紫陽花を挿し木で増やしてみよう

    紫陽花(あじさい)は、その美しい花で庭を彩る人気の植物です。梅雨時期の雨が続き、少し暗くなってしまう日々の中でも、パッと明るい紫陽花に心癒されますよね。 そんな人気の紫陽花、実は挿し木で簡単に増やすことができるとご存知でしたか?今回は、初心者の方も挑戦できる紫陽花の挿し木の方法を詳しくご紹介します!  目次 挿し木とは? 準備するもの 挿し木の方法 紫陽花の挿し木での注意点挿し木のメリットまとめ    挿し木とは? 挿し木とは、植物の枝を切り取り、土や水に挿して根を出させ、新しい植物として育てる方法です。 紫陽花はこの挿し木での繁殖が非常に容易な植物で、少しの手間でたくさん増やすことができます。 準備するもの 剪定ばさみ 発根促進剤(必要に応じて) エコ堆肥 鉢やトレー  ビニール袋やプラスチックカバー  挿し木の方法 挿し穂の準備6月から7月にかけて、新しい芽が出ている健康な枝を選びます。長さは10〜15センチ程度が理想的です。選んだ枝を剪定ばさみでカットし、下の方の葉を取り除き、上部に2〜3枚の葉を残します。葉が大きい場合は半分に切っても構いません。 発根促進剤の使用(必要に応じて) 切り口を発根促進剤に軽く浸けます。発根促進剤は必須ではありませんが、使用することで根が出やすくなります。 エコ堆肥に植える エコ堆肥を鉢やトレーに入れ、軽く湿らせます。挿し穂を土に挿し、根元をしっかりと固定します。複数の挿し穂を植える場合は、互いに接触しないように間隔を空けます。 管理と観察挿し木を日陰で風通しの良い場所に置きます。直射日光は避け、土が乾燥しないように注意しながら、水やりを行います。過度の水やりは根腐れの原因となるため、適度な湿度を保つことが重要です。 発根の確認 約2〜4週間で挿し木に根が出始めます。軽く引っ張ってみて、抵抗を感じるようであれば根が出ている証拠です。根がしっかりと張るまでは、引っ張り過ぎないように注意しましょう。 鉢上げ 根が十分に育ったら、鉢上げを行います。新しい鉢に移し替え育てていきます。徐々に日光に慣らしながら、通常の管理を行いましょう。 紫陽花の挿し木での注意点 挿し木の成功率を高めるためには、時期の選定が重要です。6月から7月が最も適しており、この時期に行うことで根の発育が促進されます。挿し木に使用する枝は、病気や害虫に侵されていない健康なものを選びましょう。親株が健康であるほど、挿し木の成功率も高まります。...

    実は簡単!紫陽花を挿し木で増やしてみよう

    紫陽花(あじさい)は、その美しい花で庭を彩る人気の植物です。梅雨時期の雨が続き、少し暗くなってしまう日々の中でも、パッと明るい紫陽花に心癒されますよね。 そんな人気の紫陽花、実は挿し木で簡単に増やすことができるとご存知でしたか?今回は、初心者の方も挑戦できる紫陽花の挿し木の方法を詳しくご紹介します!  目次 挿し木とは? 準備するもの 挿し木の方法 紫陽花の挿し木での注意点挿し木のメリットまとめ    挿し木とは? 挿し木とは、植物の枝を切り取り、土や水に挿して根を出させ、新しい植物として育てる方法です。 紫陽花はこの挿し木での繁殖が非常に容易な植物で、少しの手間でたくさん増やすことができます。 準備するもの 剪定ばさみ 発根促進剤(必要に応じて) エコ堆肥 鉢やトレー  ビニール袋やプラスチックカバー  挿し木の方法 挿し穂の準備6月から7月にかけて、新しい芽が出ている健康な枝を選びます。長さは10〜15センチ程度が理想的です。選んだ枝を剪定ばさみでカットし、下の方の葉を取り除き、上部に2〜3枚の葉を残します。葉が大きい場合は半分に切っても構いません。 発根促進剤の使用(必要に応じて) 切り口を発根促進剤に軽く浸けます。発根促進剤は必須ではありませんが、使用することで根が出やすくなります。 エコ堆肥に植える エコ堆肥を鉢やトレーに入れ、軽く湿らせます。挿し穂を土に挿し、根元をしっかりと固定します。複数の挿し穂を植える場合は、互いに接触しないように間隔を空けます。 管理と観察挿し木を日陰で風通しの良い場所に置きます。直射日光は避け、土が乾燥しないように注意しながら、水やりを行います。過度の水やりは根腐れの原因となるため、適度な湿度を保つことが重要です。 発根の確認 約2〜4週間で挿し木に根が出始めます。軽く引っ張ってみて、抵抗を感じるようであれば根が出ている証拠です。根がしっかりと張るまでは、引っ張り過ぎないように注意しましょう。 鉢上げ 根が十分に育ったら、鉢上げを行います。新しい鉢に移し替え育てていきます。徐々に日光に慣らしながら、通常の管理を行いましょう。 紫陽花の挿し木での注意点 挿し木の成功率を高めるためには、時期の選定が重要です。6月から7月が最も適しており、この時期に行うことで根の発育が促進されます。挿し木に使用する枝は、病気や害虫に侵されていない健康なものを選びましょう。親株が健康であるほど、挿し木の成功率も高まります。...

  • やってみよう!子どもと一緒に野菜を植えるオススメの手順

    やってみよう!子どもと一緒に野菜を植えるオススメの手順

    こんにちは!今日は、お子さんと一緒に楽しむことができる家庭菜園の始め方をご紹介します。 家庭菜園は、食べ物がどのように育つかを学ぶことができる素晴らしい機会です。種から芽が出て、成長し、収穫できるまでの過程を体験することで、自然への興味や理解を深めることができます。 野菜が収穫できるまでの時間や手間を感じることで、食材に対する感謝を持つことにも繋がりますので、本記事を参考にぜひお子さんと一緒に野菜を育ててみてくださいね! 目次 1. 計画を立てる 2. 必要な道具を準備する 3. 土の準備 4. 種まきまたは苗植え5. 水やり6. 肥料の施肥 7. 雑草取りと害虫対策 8. 収穫 9. 振り返りと次の計画 まとめ   1. 計画を立てる まずは、どの野菜を育てたいかをお子さんと一緒に決めましょう。 初めての野菜栽培でおすすめの野菜は、トマト、キュウリ、レタス、ラディッシュなどです。これらの野菜は比較的育てやすく、収穫までの期間も短いので、子どもたちが成果を感じやすいです。 次に、家庭菜園の場所を選びます。庭がある場合は、日当たりが良く、水はけの良い場所を選びましょう。ベランダやバルコニーなど限られたスペースで育てる場合でも、プランターを使えば野菜栽培を楽しむことができます。  2. 必要な道具を準備する 続いて、野菜を育てるために必要な道具を用意しましょう。...

    やってみよう!子どもと一緒に野菜を植えるオススメの手順

    こんにちは!今日は、お子さんと一緒に楽しむことができる家庭菜園の始め方をご紹介します。 家庭菜園は、食べ物がどのように育つかを学ぶことができる素晴らしい機会です。種から芽が出て、成長し、収穫できるまでの過程を体験することで、自然への興味や理解を深めることができます。 野菜が収穫できるまでの時間や手間を感じることで、食材に対する感謝を持つことにも繋がりますので、本記事を参考にぜひお子さんと一緒に野菜を育ててみてくださいね! 目次 1. 計画を立てる 2. 必要な道具を準備する 3. 土の準備 4. 種まきまたは苗植え5. 水やり6. 肥料の施肥 7. 雑草取りと害虫対策 8. 収穫 9. 振り返りと次の計画 まとめ   1. 計画を立てる まずは、どの野菜を育てたいかをお子さんと一緒に決めましょう。 初めての野菜栽培でおすすめの野菜は、トマト、キュウリ、レタス、ラディッシュなどです。これらの野菜は比較的育てやすく、収穫までの期間も短いので、子どもたちが成果を感じやすいです。 次に、家庭菜園の場所を選びます。庭がある場合は、日当たりが良く、水はけの良い場所を選びましょう。ベランダやバルコニーなど限られたスペースで育てる場合でも、プランターを使えば野菜栽培を楽しむことができます。  2. 必要な道具を準備する 続いて、野菜を育てるために必要な道具を用意しましょう。...

1 3